Elastic Development Laboratory Service

こんな悩みはありませんか?

エンジニアの採用や増員が難しい

開発の内製化を進めたいが、採用コストを掛けても十分に満足な採用が困難

社内エンジニアを十分活用できていない

社内エンジニアが既存業務に忙殺されており新規のプロジェクトにアサイン出来ない

内部人材を高付加価値業務に集中できない

細かい実装は低コストの外部発注にして、貴重な内部人材は高付加価値業務に集中させたい

こんな悩みはElastic Development Laboratory Serviceが解決してくれます!

Elastic Development Laboratory (EDL)Serviceとは?

お客様にてプロジェクトマネージャー1名選出いただき、海外のエンジニアとチームを組み開発を行っていくスタイルです。

現地エンジニアを自社開発業務や開発プロジェクトに専属かつ継続的にアサイン出来ますので中長期的な開発組織づくりに取り組むことが可能になります。

このようなお客様にオススメです

  • 中長期での自社専属開発組織を低コストで構築したい
  • 要求仕様が明確になっていないためアジャイル形式での開発を行いたい
  • 定期的な運用保守作業やシステム改修を外注したい

Elastic Development Laboratory Serviceの特徴

低価格かつ高品質なサービス提供が可能

最低2名からのご契約で初期コストを抑える事が可能

月額固定費用のため予算スケジュールが立てやすい

専任チームのため長期になるほどノウハウ蓄積による生産性が向上

開発以外にも事前調査や保守でも活用が可能

導入メリット:適応例

現在の開発チームが20人体制(10人1チームの2チーム編成と仮定)で稼働しており両チーム共に人員数が足りないため、リクルートに追加で2名づつ(計4名)増員をかけているケースを想定します。

大半の技術系の企業がエンジニアが足りないため、このパターンの増員計画を持ってリクルートなどの採用媒体に毎月最低40万円程度は採用活動費で費用を支払っています。

(ただし結局いい人はそうそう採用できない状況かと思います)

正社員採用コスト/当社EDLサービス費用比較

パターンA:自社正社員採用(100%採用媒体依存)

増員数:2名

採用費用:200万円

1年間の正社員費用:1,300万円

1年間のEDL費用:なし

合計:1,300万円

*採用費用:採用媒体へ月40万円5ヶ月分広告出稿する想定

パターンB:EDLサービス利用(100%EDLサービス)

増員数:5名

採用費用:なし

1年間の正社員費用:なし

1年間のEDL費用:1,320万円

合計:1,320万円

*EDL=Elastic Development Laboratory

同じ費用で約2.5倍の増員が可能です。

コスト削減への適用やプロジェクトのスピードアップが実現!

ユースケース:新規開発案件をまるごとアサイン

ITサービスを新規で立ち上げる場合、最低限のコストと短いサイクルで仮説と検証を繰り返しながら市場やユーザーのニーズを探り当てていくリーン・スタートアップやアジャイル開発を採用するケースがあると思います。

これを外注を利用して従来のウォーターフォール形の開発を一括請負契約で行った場合、コストやスピードで期待する効果が得られない可能性があります。

ラボ型開発であれば追加開発や改善要望が出た際に都度見積もりをとったり、体制を組んだりといった必要がありません。

ユースケース:運用・保守をまるごとアサイン

自社のモバイルアプリやWebサービスを運営している場合、社内のエンジニアや外注で開発体制を構築し、日々新規機能の開発や、機能改善に取り組んでいると思います。

この際、常に人材不足の問題が発生することが考えられますが、なかなか良い人材が採用出来ない、また外注や派遣にするとコスト負担が大きいと思います。

ラボ型開発であれば採用の手間やコストをかけず、海外の優秀な人材を安く大量に確保することが出来ますので、運用・保守をアサインし、代わりに貴重な社内エンジニアはより付加価値の高い作業に集中することで効率的な体制構築が可能となります。

ユースケース:突発的な欠員や増員要請に対する保険

請負でシステム開発を行っているような制作/開発会社やSIerの場合、常に複数の開発案件が存在しており、突発的な欠員や増員要請によりリソースが不足し、プロジェクトが炎上しそうになったり、仕事を断らなければならない状況があると思います。

ラボ型開発であれば追加開発や改善要望が出た際に都度見積もりをとったり、体制を組んだりといった必要がありません。

ラボ型開発を利用して事前に十分な体制構築を行ない、リソース不足時の保険として捉えることで、リスクマネージメントを実現することが可能です。

パッケージプライス

Entry

1.5名35万円/月
  • ブリッジSE:0.5名
  • SE:1名
  • テスター:-

1人あたり約23万円

Standard

3名62.5万円/月
  • ブリッジSE:0.5名
  • SE:2名
  • テスター:0.5名

1人あたり約21万円

Professional

8名160万円/月
  • ブリッジSE:1名
  • SE:5名
  • テスター:2名

1人あたり約20万円

  • 上記以外のスタッフの組み合わせについてもお問い合わせください。
  • 最小契約期間は3ヶ月となります。
  • ご契約頂いてから採用を行う場合には1ヶ月程度お時間がかかる場合がございます。

ラボ型開発対応カテゴリ

Web構築・開発・運用サービス

モバイルアプリ開発・保守サービス

サービスに含まれるもの

ミャンマー人スタッフの社員教育の実施

必要な設備(オフィス環境、ネットワーク、PC)を用意

給与の支払いや社会保険などの労務の実施

Elastic Development Laboratory Service の導入フロー

1. お打ち合わせ、ヒアリング

サービスのご説明、お客様のプロジェクト内容をヒアリングさせて頂きます。

2. 体制と進め方のご提案

開発体制と進め方のご提案をさせて頂きます。(人員確保は最短2週間程度で可能です。)

3. ご契約締結

内容に関して両社で合意が得られましたらご契約を締結させて頂きます。

4. 業務開始

お客様専属のチームが、与えられた開発タスクを弊社内で進めていきます。

よくあるご質問

はい。日本語ができるスタッフをブリッジにアサインしますので、日本語でのコミュニケーションを可能としています。
時差は日本時間からマイナス2時間半となりますが、日本時間の10:30から19:30までが現地での稼働時間となりますので問題ありません。
はい、日本円での決済は可能です。
ご要件に合わせて適切な人材の採用を行いますので、1ヶ月程度お時間を頂く場合があります。

当社の最新カタログができました。お気軽にダウンロードお願いします。

カタログダウンロード

お気軽にお問い合わせください。

Contact Us